イラハイイラハイ! メイプル・つれづれな事・おバカなこと・ねこ いろいろ書くよ!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旬なモノ…!?
2010年08月31日 (火) | 編集 |
はじめに…
リコメは前記事にお返ししています。ご覧ください。
訪問遅れていまス!申し訳ありません!!!!




0308.jpg
みなさんこんにちわ。私です、だたさんです。
少々高いですが…初モノのサンマですよ~。やっぱり塩焼き。
まだ小ぶりですが、脂のノリはそこそこです。

今年は様々なメディアでサンマの不漁が報じられていますね。
写真のサンマは北海道産。地元小名浜に揚がる日はいつになるのかなぁ。
シーズンにはスーパーで普通に1本30円とかあるんですよ!ホホホ。

サンマは塩焼きはもちろん、刺身、蒲焼き etc... と
いろいろな食べ方があるのですヨ。
あつあつのご飯にサンマの蒲焼き! 食べたーい!!

0310.jpg
こやつらもガッついて食べています。
そういや、なな は生まれて初めて食べたサンマだねー。
2ひきでサンマ1本分食べてしまいましたとさ…。エガッタノォ。







メイプルのお話♪


100810.jpg
こんちわー。花火チェアさ座ってみました。数人集まりゃドッカンドッカン。
最近こういったギミック系の椅子、多いね!
そりゃそーと、モミジの木がまもなく!…なのに遊んでいましたワ。

バルーンが各地に出没。バルーンどろぼうも各地に出没。
おキツネ様のトコでキツネに扮しただたさんの奥さんが獅子奮迅。
ひじーの横師にも勝るアイテム拾う素早さに思わず吹いてしまったのは内緒d。

100814.jpg
100815.jpg
2人してほとんど興味がないのがベリーグッドですヨ。
たいてい「 とりあえずやってみっか 」 の2人ですヨ。


さてぇ、7周年武器が出ましたネー。
今回はドロップではなくても、条件を満たせば…みたいな。
どうしようか迷っていた私ですが、結局…

100816.jpg

100817.jpg



n5 MPブレイドとMP槍…MP杖もドロップしたんだって?アタシのは?
d3 お前意外と頑丈だから自分で行ったらいがっぺ。
n6 エ~、ヤダヤダァ!だた兄行ってきてよぉ。
d6 エ~、メンドクセェ…。行くのォ?。トホホホホ。


妹といえども女の涙に揺さぶられていいのかだただ!
ワガママ妹1号 の要求に応えることはできるのか!?
次回もお楽しみに♪








続きは 久しぶりの 「 ちょっとコラム 」








ちょっとコラム 



最近ニュースでよく目にする、児童虐待。後を絶たないことに心が痛む。
児童虐待とは、一般に保護者が18歳に満たない子どもに対して、
身体的・心理的・ネグレクト・性的な虐待行為をすることを、
「 児童虐待の防止等に関する法律 (児童虐待防止法) 」に定義付けられている。

ネグレクト ( neglect ) とは英語で 「 無視する 」 という意である。
保育園・幼稚園・学校に通わせない、十分な食事や衣類を与えない、
病気やケガを病院で診察させない…など、育児を放棄することをネグレクトという。

大阪で起きたマンションで2人の幼児が遺体で発見された事件は耳を疑った。
死亡た3歳と1歳の幼児は死後数週間~数ヶ月とも言われている。
十分な食事を与えず、ゴミが散乱した室内…明らかなネグレクトだ。

生前の2人の悲鳴や泣き叫ぶ子どもの声を耳にしていたマンションの住人も多く、
また、児童相談所 (以下児相) に数回の通報があったのにも関わらず、
該当する児相は迅速かつ適切な対応は出来なかったのであろうか。

通報を受けた児相の職員は3月末~5月中旬にかけ5回に渡りマンションを訪れる。
応答を求めたり、連絡を求める手紙を投函していただけという。
母親不在を認識している関わらず、約一ヶ月半に及ぶ児相のこの対応には目をむく。

児相は警察にも届けを出さず、「 やれることはやった。事態把握が困難だった 」 と話す。
訪問していた期間に何らかの手立てを講じてれば兄妹の命を救えた可能性が十分考えられる。児相が手をこまねいていたという印象が非常に強い。

ところが2007年の児童虐待防止法改正では、
虐待の疑いのある保護者が児童を同伴して児相への出頭要請を拒否し続けると、
児相が裁判所の許可を得て強制的に住居に立ち入ることもできるようになった。

しかしながら、強制立ち入りには慎重かつ十分な調査が必要とされ、
法改正以後実際に強制立ち入りをした事例は全国でたった1回である。
児相が虐待の実態を把握していながら子どもの命を救えなかった例も数多い。

「 子育てに悩み、全てから逃げたかった 」 という大阪2児死亡の母親。
逮捕後は子どもはまるでいないかのような写真や生活の様子が報道された。
子どもを育ていくという自覚も必要だが、親自身の精神的ケアも重要といえる。

また、児相と教育機関などが連携し、虐待の実態を子どもや保護者へ伝えることも
必要なのではないか。自分たち ( 子ども ) は大丈夫という感覚ではなく、
虐待を見抜く「 目 」 を持つことも大事なことなのである。



 8/31 テーマ 「 ネグレクト 」  文責  だただ



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです^^
ほんとサンマ高いですよね(p_q*)シクシク
大好物なだけに 食べれないのがやらなぁ~(´・ω・`;A) 

M武器ゲット おめでとうございますw
バルーンは横されまくりですよねぇ(-公-、)シクシク
まぁいつももみじとケーキしかでませんが( ´∀`)ゲラゲラ
2010/08/31(火) 18:38:04 | URL | かがり #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/31(火) 19:27:42 | | #[ 編集]
M武器げっとおめでとうです(≧∇≦)
私も狙って狩りしたんですが
なかなか出なかったです;;

ドロを諦めて交換するか・・・迷ってます;;

2010/09/01(水) 12:29:56 | URL | ぐみ #WzzJX4NY[ 編集]
(*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚
M武器ゲット!
・*:..。o○☆*゚Congratulations!!・*:..。o○☆*゚
昨日、だたsに会ったあの場所・・・
あれからながーく狩ったのですが・・・
何も出ず!!!

神殿にうつったものの・・・
M武器ドロはパパだけ!!!
去年に比べて今年はドロ率低くなってるようなきがします・・・(σ(´Д`●)ぉぃらだけ?)

コラム読みました!
私にも、5歳ともうすぐ2歳の子供がいるのですが・・・
毎日怒鳴りっぱなしです(;´Д`A ```
悩みこんだ時とか、テレビで報道される親達の気持ちもわからないでもないなって思う時も正直あります。
でも、自分自身、子供に助けられてるって部分もあったりなんかして・・・
うまく言えないんですが、子育てっておくがふかい!!
二人の寝顔に癒されたり・・・★
そんな時間も大切ですよね♪

話は変わるのですが・・・
だたsのブログをリンクしてもよろしいでしょうか?
言っちゃったー゚+.(*ノェノ)゚+.!!
2010/09/01(水) 13:19:07 | URL | ぅるおぃ #-[ 編集]
こんちゃ!w
訪問記録を見てやって来ました!

お久しぶりです~
・・といっても、前に何度かご一緒したくらいですがw

ビサスのときはミツバチのアバだったことだけはしっかり覚えてますよんw

花火チェアは6人以上並べるとまたエフェクトが変わるみたいなので、イン時間が合えば並べられるだけ並べてみたいですな!

また遊びに来ます~♪
2010/09/01(水) 16:08:26 | URL | はるとぷう #drDOhzzQ[ 編集]
>このコメントは管理者により転送させていただきました。理由としては内容が素晴らしく、ぜひ皆さんにも投稿者の考えを感じていただきたいと判断したからです。


【 以下、本文より(一部省略) 】

>コラムについて
私は「児童虐待」の言葉を聞くと、同時に連想してしまう言葉が「少子化社会」です。
虐待は犯罪であり、いけない事ですが、全ての人が「生まない」という選択をする事が、できないのも事実です。
今の私は、子供(だいたい、自分の年齢-6以下)が苦手でして、これは物心が付いた時から、苦手なのです。
周りの大人達は、「大きくなれば、考えが変わるよ。」と言ってくれますが、今現在、まだ子供が苦手でして、将来は生まない方向で生きています。
そして、「児童虐待」の話を聞いてしまうと、「自分が将来、子供を授かったら、虐待してしまうのではないか……。」という、被害妄想に駆られます。
決して、子供が嫌いなわけではありません。
でも、苦手なのです。
外から見ている分には可愛いと思えるのに、自分が育てると考えたら、胸が苦しくなります。
しかし、じゃあ「生まない」という選択をとればよいかと言うと、そうでもない気がするのです。
「子供を生み、育てる事」が、一人の人間としての、役割だと思うからです。
ですから、だたださんの「子どもを育ていくという自覚も必要だが、親自身の精神的ケアも重要といえる。」という意見は、まさにその通りだと思います。
しかし、「(子供を)愛せる自信が無い」のに、育てようと授かる事が、果たして正しいと言えるのかどうかは、今の私には分かりません。
「児童虐待」という存在には、もっと複雑に、物事が絡んでいる気がします。




2010/09/02(木) 13:14:22 | URL | >匿名様 #-[ 編集]
ブレイドまだでないんですけど(;ωノ|柱|。。。
なんとか頑張って出しますぜ!w

にしてもさんま・・・うまそう・・・
ねこちゃnも食べれてえがったえがったw


子供虐待について
毎度そういうのを聞くたびに胸が痛む・・・
うちも母親で完璧ではないだけに大丈夫かと
心配になる時があって、そのたびに子供に聞いてみる。
「ママはちゃんとママしてるんかな?ママのこと好き?」
ってw
子供は
「ママはちゃんとやってるやん。ママ好きやでー
パパうるさいから嫌いやけど・3・」
とwww

それでほっとするけど、やはり出来る限りのことをしてやれているのかいつも不安ですよ;

母親も父親も同じですが、子供に育てられるものだと思う。
そして子供は大人が考えているほど子供ではない。
教えられることがほんといっぱいあるんだよね;
そうやって一緒に育っていくもんなんだと思う。

うちは子供が小さい時、うちが仕事で夜勤とかあって寂しい思いをさせてた時があって、そのとき子供に我慢してるのママはわかってるよって言ったら、今までほんとに我慢してたんだろうねぇ・・・
大粒の涙を流していたことを今でも思い出す。

今では専業主婦になって家にいるようになってから
子供の表情がかわって、のびのびとしてるし自分の意見もこりゃもう遠慮もくそもないwww
女の子だけあって口は達者です(;-ω-) =3

しかし、こんなだめママでもいるのといないとでは、子供にとってこんなに違うんだなって教えられましたよ;

今や小5で自分でなんでもできるようになり、遊びにいってほとんど家にいなくて私が今度は寂しいんですがねwww

でも女同士だけあって、姉妹のような関係でいれる
今がうちにとっては幸せのなにものでもありませんw

一緒にネイルしたり、携帯デコってみたりとかw
もっと大きくなったら一緒に飲みにいけるような
親子関係でいたいなーと思う。

産んだからには責任を持とう。
どんだけ小さくても命。
一人で抱え込まないで頼ることしてもいいから
どうかこういう事態を繰り返さないでほしい;

んで組合とかも、もっと積極的に動いてもいいはず。同じような問題ばかりおこして、何人小さな未来のある命をなくしたことか・・・
まず相手のプライベートより子供の命を大事にしてほしい。子供は虐待を受けても親を恨むようなこと言えないんだから・・・。子供にとってはどんな親でも大事な親なんですから・・・。

長々書いてしまったw
2010/09/04(土) 11:38:45 | URL | ゅめ #-[ 編集]
さんま
あたしも食べました!!

蒲焼き、オニギリ、味噌汁

最高でした!

児童虐待を見つけられない、見てみないふりする周り、問題点は沢山あると思います。

私の友達の姉が子供を殴ってました。冬なのに薄着だったり…

見かねた親が児童相談所に相談し、実家で預かってとやっていたんですが、

子供を返せー

と調停になったり複雑でした。

子供さんは、結局戻る事になりましたが、自殺未遂を繰り返す親元でしっかり生きていけるのか心配です。
2010/09/04(土) 16:18:46 | URL | みゅう #-[ 編集]
Re:コメント
>かがり様
まだまだ価格の高騰が続きます。安価で買える日ももうすぐそこです!
かがり様はどういった方法で召し上がるのかしら^^
M武器は気合でなんとか…なるものでもないですね~。頑張ってください!。朗報待っています!

>ぐみ様
今回はなかなかドロップが厳しいようで…私もつらいです。。。
自分が欲しいものがすんなりとドロップするのは至難の業ですよね~。
のんびりメダルを貯めてお目当てのものをゲットするのもひとつの作戦ですね!


>ぅるおい様
先日は偶然のブッキング、おどろきましたヨ!
アノ後出なかったですか~。私もです(涙)。
私は今回はM77武器、しかも持っているキャラクターのものだけにしようと考えています…。
果たして揃うのかどおか…(汗)。

ちょっとコラムへの感想ありかとうございました。
やはりお子さんをお持ちの方の率直なご意見だと感じました。「子は鎹(カスガイ)」というコトバがあるように、家族の絆を取り持ってくれるのはやっぱり子どもなりのです。「ならぬことはならぬ」で大いに結構だと思います。そういった親の気持ちや願いはきっとお子さんに届いているはずです。大丈夫ですヨ!

>はるとぷう様
初コメントありがとうございました。
懐かしの(!?)みつばちアバを着ていたころは数度ご一緒しましたね!覚えていてくださって感激です。
椅子は6脚以上でまたすごいのが!?楽しみです!
また何かの機会でご一緒できたら幸いです!!

>匿名様
ちょっとコラムへの感想ありがとうございました。
ほかのコメンテイターの皆様と異なった視点が大変感慨深く興味深いコメントでありました。
「自分が親になったとき…」、私もそういった不安はあります。
もしかしたらみんなそう思っているのかもしれません。
「児童虐待にはもっと複雑に物事が絡んでいると思う」と綴っていました。
まさにその通りです。物理的・経済的・精神的な要因がこういった事態を引き出してしまうものなのです。
こういう重大な社会問題に対して本気で考え、悩むという匿名様の意思に改めて敬意を表します。
ありがとうございました。

>ゅめ様
さんま食べますか!?…とはいってもいわきに水揚げされるのはまだ先のことになりそうです…。トホホ。
ちょっとコラムへの感想ありがとうございました。
ゅめ様のお子さんへの愛情がとても感じ取れるコメントでした。もう小学校高学年とはいえどもまだまた甘えたい年ごろです。家族でたくさんお話しして、いっぱい遊んで、家族の絆をさらに深めていってくださいネ。
コメントの終盤に綴ってあったことですが、公的機関を中心に、虐待(の恐れ)があるところへの介入がスムーズに出来るようになることや、家庭と地域社会の密接な関係の見直しというのも今後大事になっていくと私は思いました。

>みゅう様
サンマ食べましたか!ヤッタネ!!
肉食もいいけど、魚もいいものです!!

ちょっとコラムへの感想ありがとうございました。
内容から推察して…身体的虐待に当てはまるケースと思います。身体的虐待の恐ろしいところは、子への暴力の再発や、子どものPTSD(心的外傷後ストレス障害)を引き起こしてしまうことが懸念されます。家庭の事情もあることから、解決するのには時間がかかり、根気強く取り組んでいかなければならいと思います。自分ひとり(親だけで)で悩まず、出来る限りの手立てを講じていかなければならい親の自覚と責任、周囲の人間(それなりの機関)との関わりが求められるのではないでしょうか。






2010/09/06(月) 18:07:25 | URL | だただ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。